Music×Freak

私が聴いてきたCDやDVDの紹介。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
When Dream and Day UniteWhen Dream and Day Unite
(1996/02/15)
Dream Theater

商品詳細を見る


アーティスト:Dream Theater
アルバム名:When Dream And Day Unite

技巧派集団ドリームシアターのデビュー作『When Dream And Day Unite』を紹介します!

Vo.がジェームス・ラブリエではなくチャーリー・ドミニシです。
声質が若干細い感じですが、高音の伸びはかなりのものです。

1曲目の「Fortune in Lies」のスピード感、曲の構成は素晴らしいですね!
デビュー作とは思えない可能性を感じる楽曲です。
マイク・ポートノイのドラムにジョン・ペトルーシのギターが映えます!

2曲目の「Status Seeker」はさわやかなキーボードで始まりますが、
やっぱりドリームシアターの世界が広がりますね。

3曲目はインスト「Ytse Jam」。
今でもライブでよく演奏されますね。

5曲目の「Light Fuse and Get Away」はこれぞドリームシアター。
よく平然と演奏できるよな。。。

6曲目の「Afterlife」はペトルーシ大暴れって感じ!
ソロのギターとキーボードのユニゾンは圧巻です。

ちなみにこのアルバムは今と比べると音が全体的に軽めですね。

完成された良質のアルバムはたくさんありますが、若さが溢れ、まだ荒削りながらも、
原点を感じとれるこのアルバムを是非聴いてみて下さい!

曲リスト
1. Fortune in Lies
2. Status Seeker
3. Ytse Jam
4. Killing Hand
5. Light Fuse and Get Away
6. Afterlife
7. Ones Who Help to Set the Sun
8. Only a Matter of Time

おすすめ曲
1・3・5・6

私的評価
メタル度    ★★★★☆
テクニカル度  ★★★★★
音作り度    ★★★☆☆
総合評価   ★★★★☆
スポンサーサイト
テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。