Music×Freak

私が聴いてきたCDやDVDの紹介。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SuperflySuperfly
(2008/05/14)
SuperflySuperfly×JET

商品詳細を見る


アーティスト:Superfly
アルバム名:Superfly

今回は、今も車内でヘビーローテーションのCD、
Superflyの1stアルバム『Superfly』を紹介します!

なんと言っても越智志帆さんの圧倒的な歌唱力に魅了されます!
たしか身長が150cmぐらいの小柄な女性のはず。
しかし、彼女から放たれる歌は、スケール感に満ち、聴き手の心を揺さぶります。

1曲目の「Hi-Five」はアルバムの始まりにふさわしいノリノリのナンバー!!
LIVEで盛り上がること間違いなしですね。

2曲目の「マニフェスト」はまた違う一面を見せる歌い方ですね。
高音や声量はスーパーフライ節が炸裂!って感じですが、イントロから
なんとなくジャニスの影響を感じますね。

3曲目は「1969」。バンジョー(多分)の音がいいアクセントになってますね。

4曲目の「愛をこめて花束を」は聴いたことがある方も多いはず。
スーパーフライのポップスセンスが光る名曲です。

5曲目の「Ain't No Crybaby」は洋楽っぽいテイストが満載ですね。
そう言ってしまうと、全曲に洋楽テイストを感じるんですけどね…

6曲目は海辺で聴きたくなるような「Oh My Precious Time」。
いや~、バラエティに富んでるアルバムですね!!
こういう湘南ぽい歌もなぜかぴったりくるんです。

7曲目の「バンクーバー」は打って変わってダークな雰囲気。
こういうアルバム構成が見事にはまってますね。

8曲目は「i spy i spy」。私見ですが(全て私見なんですけど・・・)
グランジの雰囲気が漂う曲ですね。

9曲目はまたノリノリの「嘘とロマンス」。
ドライブに最適ですね!

10曲目は「愛と感謝」。素直な歌詞が心に染みるいい曲です。

11曲目の「ハロー・ハロー」はラスト2曲に繋がりを感じ、また元気を貰える曲です。

12曲目は「Last Love Song」。
ピアノが印象的なスーパーフライのバラードです。

ラストの13曲目は「I Remember」。
ラストにふさわしい壮大なスケールの曲です。
スーパーフライが歌い上げる締めくくり。。。
アルバムが終わる寂しさを感じていると、そんな気持ちを歌が全て吹き飛ばしてくれる、
そんな曲ですね。

アルバム全曲のコメントを書いたのは久しぶり、いや初めてかな?
私にとって本当に久しぶりの名アルバムだったんです!!
しかも邦楽で!

某TV番組では、桑田圭祐の「スキップ・ビート」をカバーしてましたが、
かっこよかったですね!!

おすすめのアルバムですし、これからますます期待のアーティストです!!

曲リスト
1. Hi-Five
2. マニフェスト
3. 1969
4. 愛をこめて花束を
5. Ain't No Crybaby
6. Oh My Precious Time
7. バンクーバー
8. i spy i spy
9. 嘘とロマンス
10. 愛と感謝
11. ハロー・ハロー
12. Last Love Song
13. I Remember

おすすめ曲
全曲なんですよね。。。

私的評価
バラエティー度 ★★★★★
ロック度     ★★★★☆
期待度     ★★★★★
総合評価   ★★★★★
スポンサーサイト
テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽
The Divine Wings of TragedyThe Divine Wings of Tragedy
()
Symphony X

商品詳細を見る


アーティスト:Symphony X
アルバム名:The Divine Wings of Tragedy

Symphony Xの3rdアルバムである『The Divine Wings of Tragedy』を紹介します!

このアルバムと出会ったのは本当に偶然なんです。
CD屋でヘッドホンを何気なく手に取ったところ、歯切れの良いバッキングが
聴こえてきました。
時間を忘れて聴きこんでしまいましたね。

ギタリストのマイケル・ロメオのテクニックは凄まじいものがあります。
構築されたテクニック満載のソロもいいんですけど、バッキングがかっこいい!

まず1曲目は、アルバム中一番のお気に入り、「Of Sins and Shadows」です。
この曲で早くも完全にノックアウトされました。
ラッセル・アレンの迫力ある歌唱力と演奏力が見事にマッチしています!
この1曲だけでもアルバムを買う価値あり!(言い過ぎ?)

2曲目のSea of Liesはギターソロとキーボードソロが圧巻ですね。
ベースのフレーズもすごい!
でもやっぱり歌メロがいいから良い曲なんです。

3曲目のOut of the Ashesはイントロが特徴的ですね。
私はギターを少し弾きますが、イントロをウォーミングアップで弾きますね。
ウォーミングアップにしては、難しすぎますが。。。
ラッセル・アレンの表現力に感服する曲です。


今回はお気に入りの3曲だけ、紹介してみました。
20分超の大曲である、アルバムタイトル曲のDivine Wings of Tragedyを
聴くのは、少し忍耐力がいります・・・

全曲を通して素晴らしいアルバムですよ!
Symphony Xは演奏力と歌唱力が見事なバランスのバンドです。
ライヴのクオリティも高いですし。
ヘビーなバンドが好きな人にも、ネオクラシカルが好きな人にもお勧めです!!

曲リスト
1. Of Sins and Shadows
2. Sea of Lies
3. Out of the Ashes
4. Accolade
5. Pharaoh
6. Eyes of Medusa
7. Witching Hour
8. Divine Wings of Tragedy
9. Candlelight Fantasia

おすすめ曲
1・2・3

私的評価
ヘビー度    ★★★★☆
クラシカル度  ★★★★☆
テクニカル度  ★★★★★
総合評価   ★★★★★
テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。