Music×Freak

私が聴いてきたCDやDVDの紹介。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デンジャラスデンジャラス
(2001/10/31)
マイケル・ジャクソン

商品詳細を見る


アーティスト:Michael Jackson
アルバム名:Dangerous

「King of Pop」こと、マイケル・ジャクソンの4thアルバム『デンジャラス』を紹介します!

偉大なるアーティスト、マイケル・ジャクソン。
その早すぎる死を悼む人は、世界中にどれほどいることでしょう。

日本では過去、たびたびワイドショーに取り上げられ、そのことで知った人も
多いのかも知れません。

何が真実なのか?ということは分かりません。
真実は一つですが、真実である事象を捉える人間は多数ですし、一人の人間の思考も
多面性を持っているわけですから、それぞれが思う「真実」があるのだと思います。

私にとっての真実は、マイケルが偉大なボーカリストであり、偉大なダンサーであり、
偉大な作曲家であり、偉大な作詞家であり、偉大なアーティストである、という事です。

今回、『デンジャラス』を紹介した理由は、ライブではかかせない「Jam」が収録されて
いるからでもなく、SF(ショートフィルム)が有名な「Black or White」の為でもなく、
隠れた名曲「Keep the Faith」を紹介したかったからです。

私が知っている限り、ライブで歌われている映像はありません。
なのでCDを聞くしかないのですが、初めて聴いた瞬間から私の心に大きく響きました。

単純に私が好きな曲というだけです。
ですが、マイケル・ジャクソンのシングル曲やベストアルバムの曲しか知らない人にも、
是非、聴いて欲しいと思います。
気に入るか、気に入らないかはその人次第。
自分が好きな曲は多くの人に聴いて欲しい!という思いだけです。

マイケルの真骨頂はなんと言ってもライブです!
本人を目の前で見ることは出来ませんが、映像を見ることは出来ます。
DVDの『ライブ イン ブカレスト』も『THIS IS IT』も素晴らしいです!!
アルバムのタイトル曲である「Dangerous」のパフォーマンスはファンならずとも
必見です!!(上の2つのDVDには入っていませんけど…)

マイケルの歌とダンスが一体となったときのエネルギーは凄まじいものがあります。
ライブ映像を見たことが無い人は、是非見て下さい!!!

マイケルの全てのライブが映像化されることを願っています。

曲リスト
1. Jam
2. Why You Wanna Trip on Me
3. In the Closet
4. She Drives Me Wild
5. Remember the Time
6. Can't Let Her Get Away
7. Heal the World
8. Black or White
9. Who Is It
10. Give in to Me
11. Will You Be There
12. Keep the Faith
13. Gone Too Soon
14. Dangerous

おすすめ曲
1・7・8・12

私的評価
ポップス度   ★★★★☆
ロック度     ★★★★☆
マイケル度   ★★★★★
総合評価   ★★★★★
スポンサーサイト
テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽
Rust In PeaceRust In Peace
(2008/10/29)
メガデス

商品詳細を見る


アーティスト:Megadeth
アルバム名:Rust In Peace

デイブ・ムステイン率いるメガデスの4thアルバムを紹介します!

インテレクチュアル スラッシュメタルと言われたジャンルに素直にうなずける
楽曲が目白押しです。

それが顕著な楽曲は何と言っても1曲目の「Holy Wars...The Punishment Due」。
鮮烈なギターリフで曲が始まると、メガデスの世界にひきこまれます。
知性を感じる展開。ギターソロも特徴的です。
これは、デイブ・ムステインもさることながら、マーティー・フリードマンの感性が
見事に融合されていると思います。

マーティーのアジアンテイストというべきか、オリエンタルというべきか、
個性溢れるフレージングは必聴ですね。(弾き方も個性的です。)
マーティーはすっかり日本では有名になりましたね。

2曲目の「Hangar 18」は2人のギターバトルが聴きどころ!!
デイブとマーティーの違いを聴き比べるのも楽しいですね!

メガデスの好みが分かれるところは、デイブのVo.のような気がします。
私は好きなんですけどね。(最初は抵抗がありましたけど。)
友人に聴かせたら、「この人歌上手いの?」と言われました・・・

確かに歌唱力が素晴らしい!!とは断言できませんが、いいんです。
それも含めて、デイブ・ムステインということです。

ストレートなメタルなようで、変化球も混ざったメタル。
是非、聴いて見て下さい!

曲リスト
1. Holy Wars...The Punishment Due
2. Hangar 18
3. Take No Prisoners
4. Five Magics
5. Poison Was the Cure
6. Lucretia
7. Tornado of Souls
8. Dawn Patrol
9. Rust in Peace...Polaris

おすすめ曲
1・2・7

私的評価
ヘビー度     ★★★★☆
ギター度   ★★★★☆
テクニカル度  ★★★★☆
総合評価   ★★★★☆
テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽
MetallicaMetallica
(1991/08/12)
Metallica

商品詳細を見る


アーティスト:Metallica
アルバム名:Metallica

今更語るまでも無いアルバムかも知れませんが、外すわけにもいきません。
Metallicaの5thアルバム、通称「ブラックアルバム」を紹介します!!

当時のメンバーは、次の4人。
Gt.Vo.ジェームズ・ヘットフィールド
Gt.  カーク・ハメット
Ba.  ジェイソン・ニューステッド
Dr.  ラーズ・ウルリッヒ
私的に一番思い入れのあるメンバーですね。

今までのメタリカを期待して買った方の中には、裏切られた気持ちに
なった方もいることでしょう。
それまでのスラッシュ路線から、重厚なメタルへと変貌していたからです。

それをどう思うかは個人の価値観ですから、他人がとやかくいうことではありません。
私はそれまでのメタリカのアルバムも大好きですが、このアルバムも聴いた瞬間に
「かっこいい!!」と素直に思えました。

「Enter Sandman」のギターリフが最高にクールで気に入ったからでしょうね。
速さは感じなくても、4人が奏でる重厚な音圧にやられました。

アルバムの1曲1曲が高いクオリティーなんです。
曲順もベストだと思います。
だから、そのまま通して聴いて「かっこいい!」と思えるんです。

13曲目は日本盤のボーナストラックで、カヴァー曲です。
なので、12曲目までを1つの流れだと考えたほうがいいですね。

曲も素晴らしいですが、音も素晴らしいと思います。

メタルを聴くならメタリカは外せません。
メタリカを聴くなら、このアルバムは外せません。

曲リスト
1. Enter Sandman
2. Sad but True
3. Holier Than Thou
4. Unforgiven
5. Wherever I May Roam
6. Don't Tread on Me
7. Through the Never
8. Nothing Else Matters
9. Of Wolf and Man
10. God That Failed
11. My Friend of Misery
12. Struggle Within
13. So What

おすすめ曲
これは全曲と言わざるを得ません・・・

私的評価
ヘビー度     ★★★★★
スラッシュ度   ★★☆☆☆
衝撃度      ★★★★★
総合評価   ★★★★★
テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。